ぽかぽか保育園


 

ぽかぽか保育園では、「ぽかぽかネットワーク」を生かし、一人ひとりの子どもへのていねいな保育と、保護者の方への温かなサポートを行っていきます。

子どもの心の基礎の育ち、基本的な生活習慣の自立を育てるとともに、人と関わる力、美への感性を育てる環境を提供します。

ぽかぽか保育園の保育過程

子どもの保育

・生活に必要な基本的な習慣や態度を養い、心身の健康の基礎を培う。

 ・人に対する愛情と信頼感を大切にする心を育てるとともに、自立・協調の態度を養い、道徳性の芽生えを培う。 

・子どもが体験を通して、豊かな感性・表現力を養い、創造性の芽生えを培う。

保護者への支援

・保護者が子どもの成長の喜びを共有できるよう、保育への参加を積極的に求める。 

・保護者が養育力を向上することができるよう適切な支援を行う。

・保育園の特性、保育士の専門性を生かし、支援に当たる。

職員の資質向上

・保育実践や計画的研修を通じて保育の専門性を高める。保育実践や保育内容に関する職員共通理解を図り、協調性を高める。

地域社会との関わり

・子育て支援に関する地域の関係機関・団体等との積極的な連携及び協力を図る。 

・子育て支援センターを中心に、地域に開かれた子育ての拠点としての機能を発揮する。

・一時保育事業・休日保育事業・障害児保育事業を通じて、地域で保育を必要としている児童への対応を積極的に実施する。



子どもの保育の目標

0歳児

母から生まれた小さな命。自らが持っている、生きようとする力を、保育者の見守りと成長の手助けの中で引き出し、人との信頼関係の芽生えを育み保護者とともに育て合うことを大切にします。 

1歳児

人、物、自然、空間等の新しい発見をし、見たり、聞いたり、触ったりと、全てのものに興味を持つ子どもたちを、保育者はゆったりと見守り、一人ひとりに寄り添い、自分でやってみようとする気持ちや、自分はこうしたいという、気持ちを引き出し、その気持ちを大切に育てます。

2歳児

仲間との生活の中でおこる、気持ちのぶつかり合いを通して、相手にも同じ思いがあることや、友だちとのかかわり方がわかるよう、その子自身の存在を認め、一人ひとり丁寧に寄り添う。また、基本的な生活習慣の土台を築き、生きる力を大切に育てます。 



子どもの保育の内容

 

「今、その子に何が必要か」を考え、保育士が援助を行います。

 

その援助はひとりひとりのお子さんの発達の順序性にそって、養護的関わりと保育的意図を持った働きかけを行っています。

 

1・入園対象者

 ■年齢……産休明けから2歳児まで

 

2・保育時間

■平常保育(月曜日~土曜日)……午前8時~午後4

■特例保育(月曜日~土曜日)……午前7時~午後6

■延長保育(月曜日~土曜日)……午後6時~午後7

 

3休園日

■年末年始(1229日~13)

■その他、休園を必要とする場合

 

4保育日料・諸費用

■保育料…納付書で市役所または金融機関で納付してください。

■入園時に購入品の集金があります。

■その他…必要に応じて集金袋で集金いたします。

 


保育園の生活

時間 0歳児 一歳児・二歳児

7:00

7:30

 順次登園

視診、遊び、おむつ交換

 順次登園

視診、遊び、排せつ(おむつ交換、トイレ)

9:00

おやつ

遊び、沐浴

おむつ交換、睡眠

おやつ

遊び

排せつ(おむつ交換、トイレ)

11:00 離乳食、ミルク 食事
11:30

着替え

おむつ交換、睡眠

排せつ(おむつ交換、トイレ)

午睡

14:30

 

15:00

目覚め、おむつ交換

おやつ(離乳食、ミルク)

遊び、おむつ交換、睡眠

目覚め、排せつ(おむつ交換、トイレ)

おやつ

遊び、排せつ(おむつ交換、トイレ)

17:00

18:00

 

19:00

順次降園

おやつ

延長保育

順次降園

おやつ

延長保育