沿革

・平成18年  社会福祉法人 はなみずき会設立

 

・平成19年  ぽかぽか保育園開所(定員40名)

 

・平成20年  障害児のための子育て応援推進事業実施

 

        障害児保育の実施

 

        目白大学人間学部子ども学科 保育研究会 保育実践事例発表

         テーマ:「保育の様々な場面での気になる子ども~保護者との協働~」

 

・平成21年  保育施設で障害者1名を雇用

 

        目白大学人間学部子ども学科 保育研究会 保育実践事例発表

         テーマ:「保育現場における保護者支援」

 

・平成22年  緊急人材育成支援事業(労働局)で障害者の職業訓練事業を実施

        

        保育園の定員を52名に変更

 

・平成23年  保育施設で障害者4名を雇用

 

        6月~8月 職業訓練事業(埼玉県職業能力開発センター)を実施

 

        12月~3月 職業訓練事業(埼玉県職業能力開発センター)を実施

 

・平成24年  保育施設で障害者3名を雇用

 

        12月~3月 職業訓練事業(埼玉県指定事業)を実施

 

        近藤幹生氏(現 白梅学園大学副学長)の執筆(編著)による「保育内容:総論」で使用する資料として

        「ぽかぽか保育園の保育過程」「年間保育計画」を実践事例として提供

 

        松村和子氏、近藤幹生氏、椛島香代氏「教育課程・保育課程を学ぶ:子どもの幸せをめざす保育実践のために」

        に挿入する保育実践資料の提供

 

・平成25年  就労継続支援A型事業所 ぽかぽかハート・ヴィレッジ開所

 

        目白大学大学院生涯福祉研究科 公開シンポジウム 保育実践事例発表

        テーマ:「発達障害のある人のライフステージをみすえた支援と課題」

 

        『埼玉県 親支援モデル施設育成事業』を実施

 

・平成26年  保育園の定員を60名に変更

 

・平成27年  ぽかぽかハート・ヴィレッジにて障がい者の余暇活動支援事業を実施(NHK歳末たすけあい助成事業)

 

・平成29年  就労移行支援事業所ぽかぽかキャリア・アカデミー開所

 

        安川ぽかぽか接骨院開設

 

        ファイザー製薬助成事業「埼玉県西部地区における未就学児期の難病児子育て応援プロジェクト」実施

 

・平成30年  ファイザー製薬助成事業「埼玉県西部地区における未就学児期の難病児子育て応援プロジェクト」継続実施

 

        相談支援事業所ぽかぽかライフ・コンシェルジュ開所